image_sky.png

活動内容

活動内容

台湾同郷会は1945年に設立すると同時に京都地区では中華民国留日京都華僑総会連合会も設立された。1947年の時に両会が合併し、今の中華民国留日京都華僑総会になりました。華僑総会の場所は当初、京都東山七条の智積院からはじめ、その後に転々とし、約20年前に京都御所の付近のビルについた。

 

本会は華僑同胞のパスポート更新や、認証や国籍回復などの手続きを手伝うほか、僑務委員会が定期的に行う様々な研修会の情報も提供している。例えば、経営者人材研修会や、華僑料理人育成研修会など。上記の事務的なインフォメーションを提供するほか、定期的に以下の交流活動も行う。

交流活動

◆ 春節祭(1月下旬か2月上旬)

大阪中華学校でブースを出し、台湾料理を販売。毎年に行うと、必ずマスコミに報道され、入場者は5000人を達すほど大きいイベントである。

A_shunsetu.jpg
◆ 粽作り親睦会(5月下旬か6月上旬)

総会事務所やイベント会場で賑やかの雰囲気の中、皆さんが粽作りをしながら、参加者が持参の料理を試食し、大変和やかなムードである。

A_chimaki.jpg
◆ 会員大会(二年一回)

華僑同胞の交流をはかるほか、総会への建言する場である。

A_soukai.jpg
◆ 双十国慶パーティー(10月)

双十国慶パーティー(10月) 京都のホテルで行い、華僑同胞のほかに日本の経済、文化界の方や台湾留学生も多数出席し、毎年300人以上の方は国慶日を祝う。アトラクションの部分はいつも台湾留学生へ依頼し、台湾人形劇や伝統武術や原住民舞踊を見られるほど大変賑やかである。

A_kokkei.jpg

中国語教室

京都華僑総会はまた青年部と中国語教室を設立している。青年部の目的は青年達の交流をはかるだけではなく、祖国及び中華文化への認識を再確認することができる。中国語教室は中国語の認識を深めることによって自分の親および台湾の親族とのコミュニケーションを強化し、したがって祖国の認知へ深めることができる。

青年部

20歳から40歳を中心に活動するこの青年部は、2008年に設立して以来、夏のバーベキューや秋の旅行などを企画し、大阪中華総会及び神戸華僑総会青年部の皆さんと交流イベントを通じ、仲を深めてきました。青年部への入会について、事務局までお問い合わせください。